banner

部位別


膝関節は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)・膝蓋骨(お皿の骨)で作られる関節です。
その為「痛み」を出す部位は、非常に沢山あります。
例えば「変形性膝関節症」と診断された方は、非常に多くお見えになります。
「変形性膝関節症」はその名の通り、膝の関節(大腿骨と脛骨、膝蓋骨)に変形や軟骨の摩耗が起こり痛みを出すとされています。
しかし、エコーなどで観察すると、膝関節の関節裂隙(大腿骨と脛骨の間の空間)は保てたれていることも多いです。
つまり、骨同士の接触ではないと考えられます。

では、なぜ痛いのでしょう。
膝関節は蝶番関節と呼ばれ、基本的には「屈曲(曲げること)」と「伸展(伸ばすこと)」しか動作はありません。
この単純な「屈伸動作」を行うために筋肉をはじめ、靭帯・関節包・脂肪体がバランスよく動きます。
しかし、どこか一か所の滑らかさが失われることで、様々な症状が出てしまいます。
注射や投薬・湿布・リハビリで、症状が改善されない方。一度ご相談下さい。
エコー観察や当院の評価で、その痛みの原因が分かるかもしれません。